会社設立資金調達手段の1つとして、政府系金融機関からの調達が挙げられます。
今回は、その政府系金融機関=日本政策金融公庫を利用するメリット・デメリットについてご説明します。

売掛金買取センターでも創業資金調達のお手伝いをしております。
政府系金融機関より、より柔軟で迅速な資金調達ができるように日々事業を運営しております。
但し、弊社所定の審査基準に満たした場合という条件がつきますが
ファクタリングによる資金調達に興味がおありの経営者様、経理ご担当者様

0120−53−6611
売掛金買取センター【株式会社トップ・マネジメント
までお気軽にお問い合わせください。

政府系金融機関のメリット・デメリット

政府系金融機関として、日本政策金融公庫というものがあります。

この日本政策金融公庫からは、起業する際に資金調達を受けることができます。

この政府系金融機関のメリットとしては、民間金融機関よりも長期(制度により最長20年)の

資金調達できること、経営課題の解決などに役立つ情報提供が得られることがメリットとなります。

 また、金利も低く、初めて起業をするという方にも相談、支援に乗ってくれるのと同時に、

必ずしも保証人などをつけなくてもいいということもあります。

 これから、起業をする人にはかなり有利な資金調達ができる政府系金融機関なのであります。



反対に、日本政策金融公庫のデメリットとしては事業計画のしっかりとした説明を求められますので

それができていないと融資をしてもらえなかったり、開業資金の全部の資金調達ができないことや

民間金融機関からの借り換えはできない、返済が遅れると新規の貸し出しは行えない場合があるといった

厳しい面もあります。

日本政策金融公庫はこれから起業する人向けにはかなり有利な資金調達先ではありますが、

融資を募る時には、事業や返済計画などをしっかりと練ったうえで融資の依頼を行ったほうがいいのであります。