日本政策金融公庫とは、会社を経営する人にとって出来るだけ融資を受けやすくした金融機関を思ってよいでしょう。一般的に知られている特徴として、銀行よりも融資の条件が良いとされていますが、決して甘いということではありません。融資を受けられない原因として、口コミで審査基準が甘いという誤った情報をそのまま鵜呑みにしていることが大きな原因と言えるでしょう。確かに地方銀行や都市銀行に比べて、公的な機関として借りやすい側面はありますが、融資を受けるための前提条件は、厳しいと言っても過言ではありません。

開業するための資金集めの方法として、最初にあげられるのが日本政策金融公庫からの融資です。何故なら、新規事業の最も優しい対応をしてくれますし、利用者も非常に多いためです。しかし、利用にはある程度の基準をクリアする必要があります。まず絶対条件として、事業開始から七年以内である必要があります。また、細かい条件として、開業予定の業種に6年以上の実績がある事、専門技能を履修していてそれが2年以上であること、市場のニーズを反映していて反社会的組織で無い事、そして雇用を創出し将来性がある事などを満たす必要があります。これらを証明するために最低限の書類を必要とします。