日本政策金融公庫総合研究所が新規開業企業の実態を把握するために、1991年度から毎年「新規開業実態調査」を実施しており
今回2013年度調査の結果より開業者の特徴や開業費用などがどのように変化してきたのか?

<主な調査結果>(調査時点:2013年8月 調査対象:融資時点で開業後1年以内の企業6854社)
1、開業時の平均年齢は41.7歳
新規開業者の開業時の平均年齢は41.7歳であった。長期的にみると、年齢構成では60歳以上の割合が高まっているものの、平均年齢はおおむね40歳前後で推移している。

2、開業時の資金調達額は過去最低の水準
開業費用の平均額は1195万円となり、2011年度に次いで低い水準となった。資金調達の平均額は1337万円で、これは1991年度の調査開始以降、過去最低の水準であ   る。

3、顧客・販路の開拓が大きな課題に
開業前に予想していた売上を達成している企業の割合は、直近3年間において減少傾向にある。現在苦労していることについても、「顧客・販路の開拓」と回答した企業が
44.8%と最も多い。こうした課題を克服するため、「個人的な友人・知人に紹介を依頼」「取引先に紹介を依頼」「自社のホームページの充実」など、販路の開拓に向けた
さまざまな取り組みを行っている。

 

 

開業費用と資金調達
~開業費用は低下傾向にある~

開業費用の割合としては
500万円未満・・・34.8%
500万円~1000万円未満・・・30.9%
1000万円~2000万円未満・・・21.1%
2000万円以上・・・13.1%

 

資金調達額は調査開始以後、最も低い水準となった

資金調達額の内訳としては(平均金額)
金融機関等からの借入・・・833万円
自己資金・・・327万円
配偶者、親、兄弟、親戚・・・95万円
友人、知人・・・50万円

 

中古の設備や備品の購入などにより開業費用を節約した企業が多い

開業費用の額に対する考え方を尋ねたところ、「できれば少なく抑えたい」と回答した割合が86.4%と圧倒的に多く、
「十分な金額をかけたい」と回答した割合は6.6%にとどまった。

開業費用を節約する為に行ったこととして、

中古の設備や備品を購入した・・・56.2%

取引先と交渉して有利な取引条件にした・・・29.9%

レンタルやリースの設備や備品を利用した・・・21.5%

店舗、事務所等の内装工事を自分で行った・・・20.7%

自宅の一部を店舗、事務所などにした・・・20.6%

従業員を雇わず家族に働いてもらった・・・17.6%

 

平均月商は増加傾向にあるものの、予想月商達成率は悪化

現在の業況を尋ねたところ、平均月商は369,9万円となり、」直近3年間において増加傾向にある。

売上状況についても、増加傾向と回答した企業の割合は59.2%と、その割合は徐々に高くなってきている。

しかし、予想月商達成率は「125%以上」が24.6%、「100~125%未満」23.8%の割合がわずかに減少しており

開業前に予想した売上を達成出来ていない企業が増えていることがわかる。

現在の採算状況は、「黒字基調」と回答した割合が65.6%となっており、その割合はほぼ横ばいである。

 

開業時は資金繰りや販路の開拓などの課題に直面している

開業時に苦労したことを尋ねたところ、

「資金繰り・資金調達」・・・46.1%

「顧客・販路の確保」・・・44.7%

「財務・税務・法務に関する知識の不足」・・・29.3%

の順に多くなっている。

現在苦労していることでは

「顧客・販路の開拓」が44.8%と最も多く、次に「資金繰り・資金調達」の運転資金の確保に苦労している企業が33.5%

となっており開業時と同様に重要な課題となっていることがわかる。

 

開業時は資金繰りや販路の開拓などの課題に直面している
開業時は資金繰りや販路の開拓などの課題に直面している

<ここから弊社担当>

やはり開業した後の「事業資金調達」が悩みの種になっている企業は3割以上いらっしゃるようです。

開業時に皆、予想目標の月商を見据えて事業に打ち込まれますが、上記の通り「予想月商達成率」をみると4割程の企業が

予想月商に到達出来ていない事が分かります。目標にする月商は当然赤字にならないラインが最低限ですから

達成出来ていないという事は、赤字化している可能性が高いと思われます。

「まだ開業して1年目だし、金融機関から資金調達は難しいから、赤字でも耐えるしかないな」と考えてらっしゃる

方がおられたら、是非弊社までお電話頂ければと思います!!

弊社を利用している経営者様のほとんどが、ご自身の会社の取引拡大に繋げる為に、弊社を利用しているのですから。

新規に事業を始めた方でも資金調達が可能なファクタリング!!

機会があれば利用してみてください!ビジネスチャンスを広げるきっかけになりますよ!!