今回のお客様の例は、申込みから実行までの実録紹介!

以前、弊社のお付き合いのあった先生からの紹介でした。

広告代理店業 K社長 月商900万円 従業員5名

”資金用途があるから相談に乗ってくれ”との事で

連絡させて頂いて、お話させて頂きました。

 

8月11日(月)16時頃。

 

K社長と弊社の説明をさせて頂き、会社情報をお伺い

して売掛の確認をしていたのですが、

 

K社長談:「実は、大至急なんです!」

富田談:「え?? いつまでに必要ですか?」

K社長談:「・・・8月13(水)の午前中・・・」

富田談:「・・・なんとかしましょう~ 書類関係を社長も

協力して下さい。 最短で出来るかどうか分かりません

が、頑張ります!」

K社長談:「今回、入金出来ないと仕事が止まってしま

 い、大変な状況になってしまうから、何とかお願い!」

 

・・・と急展開な流れでしたが、ご紹介のくだりもあったので

なんとか、出来ればと社長にお時間を頂き、必要書類

や分からない事を伺いながら、進めさせて頂きました。

K社長も遅い時間にも関わらず、協力的だったので8月12日

(火)の午前中には書類が揃い、社長の面談も出来ました。

話を伺ったところ、入金はズレたりしている訳ではなく、トラブル

によりクライアント様への支払いが発生してしまいました。

クライアント様なので、支払いを待ってもらうわけにもいかず、

支払う形をとったら、今度は自社の通常の支払い分が資金

不足してしまう事になってしまったとの事。

売掛が立っていて入金予定のものが、8月25日(月)にあるの

で、そこまで繋げて欲しいとの事でした。

 

富田談:「次の入金までクライアント様もしくは支払先様へ交

渉して何とか日付を延ばせないのか?」

 

と話をしましたが・・・

 

K社長談:「付き合い上それはどうしても出来ない!」

 

なるほど・・・

 

K社長の会社内容を拝見したところ、

●税金は払っているが、社会保険料のみ分割中で残50万円。

●決算書は、内容は悪くはないのですが良くもなく。

●借入状況が、金融機関:3件で約1億2000万。支払いも

 通常の支払いをしている。

●入出金も半年間、キッチリ通帳で見える。

●債権譲渡登記が過去にノンバンクを使ってた時に、入れら

 れてそのままの状態。

●売掛先様も大手企業の売掛を3本(総額600万)、

 買取り対象と見れるものがある。

 

結果、弊社としては通常通りお付き合いをさせて頂きたいの

ですが、時間が無さすぎる状態でした。

 

ですが、K社長のなんとか今回を乗り切りたい気持ちが

伝わってきて、何とかしようと頑張って流れを作りました。

 

8月12日(火)14時頃

 

期間が、8月13(水)~8月25日(月)なので短いので、

日割り計算して見積書を作成し、K社長に見て頂きました。

 

K社長談:「え? 間に合うの?」

富田談:「弊社だから間に合わせられるんです!」

K社長談:「助かったよ!!次の時はもっと早く相談するから!」

富田談:「いえいえ、その都度各会社に合せたご提示をしてい

るだけですし、社長もご協力頂いたので可能になった案件

ですから~(笑)」

 

8月13日(水) 9時 に契約実行の約束、段取りさせて頂きました。

 

弊社は、状況に合わせ最善のご提案をさせて頂いております。

今回のように大至急案件も、全力で対応させて頂きます!

お困りの際には、お気軽にご連絡下さい!!

富田より