営業担当:冨田です。

台風の影響で今日も風が非常に強いですね。

世間はお盆休みに突入にしたのもあり、

通勤には少し楽になりました(笑)

しかし! 弊社にお盆休みはないので、本日も出勤です!

 

本日ご来社頂いたM社長は、以前弊社から送っていた案内を基に

連絡を頂き、弊社までご足労頂きました。

【月商2000万 IT関係 従業員16名 埼玉県】

一通り書類を見させて頂き面談をさせて頂いた所、金融関係からの借入

もなく税金関係の支払いも滞りが無い状態でした。

通帳を拝見させて頂いた所、各売掛先様からの入金も定期的に15日と

月末に見えている状態で、支払状況もきちんと口座からの引き落としに

なっており、全く問題がない状況で、外注先に支払があるので、その費

用を工面したいとの事でした。

3社間は難しいので、2社間ファクタリングを希望しておりました。

 

しかし・・・

よくよく話を聞いていると、金融関係に融資の打診をしたが、担当から

「少し様子を見させて欲しい」と言われていたり、通帳に

ファクタリング及びノンバンク業者らしき名前が記載されていました。

最初は、「分からない」とM社長は話しておりましたが、収支の流れに

違和感があり理詰めで話をしたら、社長が渋々「実はファクタリング

業者を2社ほど使っている」との事でした。

とりあえず、弊社の買取の流れを説明し売掛の確認をしていたら、

M社長から「実は今月末に入る予定の売掛金がズレて9月の末に

なってしまったんです。」とのこと・・・

 

ん?  んんん?・・・

※なかなか無い状況なので、下記にリアル会話を記します。

冨田談:「社長、他社のファクタリング業者の買取ってもらった

支払って今月末ですよね?」

M社長談:「そうなんだよ。」

冨田談:「え? えええ~? どうなってるの?」

M社長談:「いや~、ファクタリング業者にも8月末入金予定の売

 掛が9月末にズレる説明はしたんですが、担当の方が8月29

 日付で請求書を勝手に作り変えて契約し、8月29日に再度契

 約をし直して9月末 に支払ってくれればいいからと言われて

 いる・・・」

冨田談:「いやいや、それって売掛債権をファクタリング業者が

 日付を改ざんしたら、正常債権でもなんでもなくてただのでっち

 上げた売掛債権じゃないですか・・・ 売掛先様から請求のズレた

理由と9月末に支払う支払い通知書があるにも関わらず、なんで

そんな事になっているんですか?・・・」

M社長談:「支払通知書も渡しているし売掛のズレた理由も説明も

 したんですが、ファクタリング業者の担当が『これでいいんです。

 』って言う んだから、そういうものだと思っていたよ・・・」

 

問題点を下記に記すと
=============================

①8月末に入る予定の売掛金は、元々仕事上の絡みで売掛先

 様から『8月末入金予定だったものを、9月末に入金する』とい

 う支払い変更 通知書がM社長の元に届いていた。

②届いた日付は、7月15日でした。

③この時点で、売掛金が8月末から9月末にズレた事が確定。

④ファクタリング業者、2社とも8月1日付けにてファクタリング

 契約をしておりました。

⑤ズレたはずの売掛金が請求書の日付が改ざんされて、

 支払日が8月29日に変更されていた。

■契約内容が支払日:8月29日に設定になっている状況。
============================

冨田談:「この契約書だと、8月29日に期日がなっているけど、

8月末の売掛金は9月末にズレたので、社長の手元には入金が

無いですよね?」

M社長談:「そうなんだよ・・・」

冨田談:「これどうするんですか?」

M社長談:「その業者の担当は、8月29日に契約書を再契約

 して9月末に支払をすればいいからって言ってるんだけど」

冨田談:「う~ん・・・ 社長、弊社はどうすればいいですか?」

M社長談:「実は・・・ 当初、8月1日に契約したファクタリング

 業者は700万出して頂ける話になっていたにも関わらず、

 契約日当日、書面を見たら300万になっていて聞いたら、

 『審査で金額を落とされてしまったから仕方がない』と言わ

 れ、700万で話をしていたものだから、支払先にも話をして

 しまったので背に腹はかえられぬと思い、とりあえず納得

 出来なかったが、契約をしてしまったんだよ」

■この段階で、400万の不足。

 

冨田談:「そんな、話が実際にあるんですね・・・」

M社長談:「御社で足らない分を何とかしてくれないか?」

冨田談:「ん~ 内容的にその状態ですと正直どこも受け入れて

くれない状況ですよ・・・」

M社長談:「そこをなんとか頼むよ・・・ ここに来て、色々教え

 てくれて逆に恐くなってしまったよ・・・」

冨田談:「社長、そのファクタリング業者は相当悪質ですよ・・・

ファクタリング業者2社は実際にどのくらいの条件ですか?」

M社長談:「①200万出してもらって300万を戻す。

 ②300万出してもらって450万を戻す。 ちょっと高かった

 けど仕方がなかったんだよ・・・」

冨田談:「え? えええ? なんですか? それ? 契約書って

ちゃんと説明受けましたか? 金額面も含め・・・」

M社長談:「渡す金額と返済時の金額だけ、言われたが

 他は何も言われてないよ・・・」

冨田談:「なんか全てがむちゃくちゃで恐いですね・・・

その悪徳ファクタリング業者はグループの可能性もありますし」

冨田談:「社長、少しお時間頂けないですか? 弊社なら打開策

があります!!」

M社長談:「そんな話を聞かされたら、自分自身でなにも

 出来ないし、この現状を打開して欲しい!」

冨田談:「分かりました! 社長の為に全力を尽くします!」

 

 

M社長も話をしている途中、非常に悩んでおりましたが、弊社で

他人に話せない秘め事を話せて、少し気が楽になったような感じ

で帰宅されました。今日、たまたま上記の案件がきて弊社もネット

などで調べておりますが、非常に悪質で非道極まりないファクタ

リング業者が出てきている事が判明しました。

昨今、さまざまな勧誘方法があるかと存じますが、いい話もしくは

都合の良い話はほとんど怪しいものです。何か御座いましたら、

いつでもお気軽に弊社までご相談ください!!

 

弊社は、現状の最善策として社長様の少しでも

お力になれたら幸です。