トップマネジメントホームページ

本日ご契約のお客様。
当ブログにて掲載してよいか伺ったのですが、
「イニシャルも何も出さないならいいよ」と了解を頂いたので書かせて頂きます。

その社長様は3月20日にご面談させて頂いた時、2社間売買を強く希望されておりまして、
取引先の資料を拝見しますと、弊社が過去に何度も3社間売買を行ったことがある取引先が数社ございました。

当然私は「社長さんの売掛先の中で何社かは過去に3社間売買契約を行うため、弊社がご承諾を頂く為伺い、快諾を得た企業様ですね。弊社への債権譲渡なら問題なく3社間売買が実行出来ると思いますよ?以前きちんとご説明させて頂き、弊社を利用する外注企業の資金繰りの大変さに対しても十分ご理解のある売掛先企業でしたからね。3社間売買にされた方がファクタリングにかかる費用も断然お安いですから。」
と説明しても
「いいんだよ。2社間で。通帳にファクタリングした記録が残るとまずいんだ。」
と強く2社間売買を希望されていました。

私が2社間売買のお見積もりを作成し、ご検討頂いたところ
「ちょっと高いけどまあいいや。この内容で3月27日の実行で進めてもらえるかな?」
とおっしゃられたので、
私は何故3社間売買が出来る企業と取引しているのに、2社間売買で契約したがるんだろう?と思いながらも
「わかりました。3月27日の契約ですね。よろしくお願い致します!」
とお伝えしました。

本日午前中、その社長がご来店されました。
契約書を取り交わしている時に、社長が何故2社間売買を強く希望されたのか聞いてみたところ
愛人の方がいらっしゃったようで、その愛人と別れる為の手切れ金を支払う用途なんだと教えて頂きました。
なるほど( ゚д゚ )!!!
奥様も同会社の常勤役員として毎日経理を担当していて、社長様が通帳に記録を残したくないとおっしゃられた意味がようやく理解出来ました。

でも大事な会社の売掛金を、プライベート的な事でいいのかなぁ?と思ったりもいたしますが、
問題解決して社長様がお仕事に専念出来るようになるなら、まぁ良しとしましょう(笑)
〇〇社長、次は社長の会社の為になる事業資金としてお力にならせて下さいね!よろしくお願い致します!

皆様、様々なご用途があると思いますが事業資金でお困りの時は弊社までご連絡お待ちしております(^-^)!!