こんにちは。今日の暑さは、亜熱帯級でしたね。
銀行から事務所の間の徒歩で、下着がびっしょりしてしまった小野です。

本日は、弊社への依頼としては珍しいケースがございましたので、記事にしようと思いました。
不動産業といいますと建売屋さんから管理会社、仲介屋さんから大家業と、いろいろな形態の
商売をされている方が多いのですが、本日は新宿区にて不動産の賃貸の仲介業をされている
社長さんからのご依頼でした。

ターミナル駅に事務所をかまえて、お探しの部屋を見つけてご案内、契約するといった、
比較的なじみのある商売ですよね。

結構体育会っぽいI社長。私の直感では、仲介業で売掛になるものなどあったかな?
という感覚のがでしたので、厳しいかな、というのが第一印象でした。

一通り必要書類もご用意いただき、さっそくご面談させていただきました。
電話での印象通り、ザ・体育会といった感じの社長さんでしたが、ものすごいオーラを
出していて、一本筋の通った感じのお人柄でした。

社長「あまり、人に頼るのには慣れていないんですが、今回だけは御社の商品に合致すると思い
申し込みしてみました。」とのこと。

私「あのー、ご気分を悪くしないでくださいね。普通、賃貸の仲介といいますと、契約時に
お客様から仲介手数料をいただいて売り上げを立てて、終了。じゃないんでしょうか。
弊社の買い取り対象である売掛債権といったものとは縁遠い感じだと思うのですが・・・・」

社長「小野さん、ご存じないんですね。まぁ、業法に照らし合わせるとホワイトなのかは正直
自信がないのですが、最近は貸主や管理会社からAD(広告費)として賃料の一か月分を
いただけるケースが多いんですよ。業務委託契約書もしっかり巻きますし、お支払いも
しっかりしていただける、大手が多いのも特徴かと・・・ただ、締めと支払があって、
仲介した月末締めの翌月末、もしくは翌々月の15日払いとか多いんですよね。」

私「そうなんですね。私も勉強不足でまったく存じ上げませんでした。そうであれば、十分
稟議書けそうです。取引先も問題ないですもんね。」

社長「売上上は、全く問題ないんですが、実は5月決算で今月末に結構な納税資金が必要なんです。
数字上は問題なく払える額ですが、入金日が来月なもんで・・・ ホント1ヶ月だけのつなぎなんですが
来月入金予定の広告代金約350万ほどをうまく活用して200万ほどの運転資金を作ることは出来ないですか?」

I社長様は、ノンバンクや事業主向けのカードローンなども検討したみたいですが、短期のつなぎのために負債を
増やすより、会計上の資産を売却して資金化し、一か月だけのつなぎとして事業資金を作るには、弊社の商品が
あとくされもなくご自身が気持ちがいいとのことで、お申込みに至ったそうです。

モチロン、この案件は先ほど稟議も上げ、このブログを書いている途中に、何の問題もなく決裁もらいました。

僕たち営業マンは得意不得意の分野があることは否定しませんが、いろいろな業種をさらに掘り下げて、
常々勉強をすることを怠ってはいけないなぁ、と痛感した一日でした。

私たちも、社長様たちのご商売のプロではありません。弊社の商品をうまく活用していただき、私たちも
勉強させていただいております。

あまり先入観にとらわれずに、ホントお気軽にご相談くださいね。

本日も、小野が担当させていただきました。それでは。