売掛金買取センターのファクタリングは売掛債権売買契約ですので、
一切借入れになりません。
他の民間金融機関が行う創業融資とは違い、完全な売掛債権買取契約でのお取り引きをさせて頂きます。
売掛金買取センターの売掛債権買取基準の中で、
重視する1つのポイントとして取引先(売掛債権先)の経営状況があります。

創業企業はえてして財務基盤が安定していないケースが多いですが、
そんな時にも一気に業務拡大を図りたいといった時に資金は準備しておくことに越したことはありません。

そんな業務拡大を図るためにすぐに資金が必要になった際に、
既にお持ちの取引先企業の経営状況が健全であれば3者間でのファクタリングが可能です。

ファクタリングによる創業資金調達について詳しく聞いてみたい経営者様、経理ご担当者様

0120−53−6611
売掛金買取センター【株式会社トップ・マネジメント
までお気軽にご相談ください。

民間金融機関から資金調達するメリット・デメリット

会社設立のための資金調達としては、
まずは第1に民間金融機関から行うことが選択肢となることが圧倒的です。

しかし、民間金融機関からの資金調達手段には、
メリットとデメリットが存在することを予め知っておく必要があります。
民間金融機関からの資金調達のメリットとしては、
低金利で融資が受けられることが一番に挙げられます。

とくに現在は日銀による金融緩和が行われていることもあり、
民間金融機関の貸し出し金利は非常に低く抑えられている状況があります。

そのため、会社を設立して間もない時期でも、
金利の支払いで苦労するといったリスクがなくなっています。

また、民間金融機関の資金調達のメリットとしては、
比較的長期間の融資が受けられやすいことが挙げられます。

これによって、会社設立の数年は赤字でも、
長期では黒字を達成する事業計画を組むことが可能になっています。



逆に民間金融機関の資金調達のデメリットとしては、
担保が必要になってくることが挙げられます。

とくにメガバンクなどでは土地や建物などの担保物件がないと、
融資をしてもらえないことが多くなっています。

そのため、これまで中小企業の経営者の多くは、
工場などの他に自宅も担保に入れることが少なくなかったです。
しかし、近年の一部の民間金融機関の中では、
しっかりとした事業計画書があれば、担保がなくても融資をするところが現れています。