今回は財務・経理の人的コストを下げるための【会計ソフトfreee(フリー)】
についてご紹介いたします。

財務経理の運用の手間を省くだけではなく、資金の流れも随時把握できますので
資金ショートしそうになったときにすぐに資金調達の経営判断ができるという点もメリットの1つです。
また、担当税理士とのやりとりもスムーズになるため無駄が省けるという点も特筆すべき点です。

売掛金買取センター(株式会社トップ・マネジメント)に資金調達の相談をされる経営者様の中には、キャッシュフローを正確に把握していなかったため判断が遅れたという方も多々いらっしゃいます。

手遅れになる前に、まずは日々の経営活動においてこういったクラウド会計ソフトを導入して「事業資金の見える化」を測ってみてはいかがでしょうか。無料でのお試しも可能とのことです。

ファクタリング事業資金調達の無料相談窓口は 0120362005 になります。
日本全国の企業様が対象です。お気軽にお問い合わせください。



クラウド会計ソフト「freee(フリー)」で資金の流れを把握する方法

創業当初に経営活動するものにとって頭を悩ませるのは、商品開発と販路の確保、そして経理となります。経営のいろははこれに尽きるのですが、起業する当初は経理の事は頭に入っていないことが多く、会社のお金の流れをつかむのは難しいものです。そのような時、とこにいても簡単に財務管理が出来て、お金の流れ、すなわちキャッシュフローが把握できるシステムがほしいものです。

そんな創業したばかりの経営者の悩みを払拭してくれるシステムが存在します。クラウド会計ソフト「freee(フリー)」という財務会計ソフトですが、その名の通り、フリーで導入することが出来ます。また普通の財務会計ソフトはパソコンなどにインストールする必要がありますが、クラウド上で起動するのでどこにいても、どのパソコン・モバイルでもネットに接続できる環境であれば、いつでも利用することが出来ます。

またfreeeのもっとも特筆すべき点としては、自動で会計帳簿を作成することができるということです。伝票の入力はもちろん、売掛・買掛の管理、web明細との連動で勘定科目も自動で推測してくれます。自社の財務状況を一目で情報を提供してくれる、時間のない創業経営者を無敵にしてくれる、強い味方となってくれることでしょう。