こんにちは!

 

段々と夜も寝苦しい時期になってきましたね!

 

まだ、多少涼しいのが救いですが

 

クーラー病になるのもイヤなので極力冷房は

 

就寝時付けたくないですね。

 

本音は高額な電気料金を払うのがイヤなだけですが。笑

 

 

 

さて、連休明けから多数のお問い合わせを頂いておりますが

 

本日ご紹介するのは、茨城県某市で運送業を営むS社長様。

 

S社長様は大手運送会社から脱サラし、

 

当時の会社のコネを最大限に活かしながら

 

独立を図ったらしいのですが、思った以上に必要経費がかさみ、

 

自己資金がいよいよ底をつきかけてきた為、

 

知り合いが利用していたファクタリングを知り

 

ネット経由で弊社に申し込んで頂いた経緯でした。

 

 

まず、お会いして色々お話したのですが

 

結構詳しくファクタリングについて

 

勉強されていらっしゃるなぁという印象でした。

 

S社長「2社間ファクタリングで検索かけると

御宅と同じ同業者のHPが多数出てくる。

5社ほど廻ったが、何処も条件は酷いし、

2社間ファクタリングするなら書面の控えは渡せない!など、

心配になるような会社ばかりだったので。

御社もそういう感じですか?」

 

 

私「いえ、ウチは根本が違いますね。

先ず今回ファクタリングするにあたり

弊社ではお見積書をお客様に必ず提示して、

何の売り掛け債権を幾らで買うのか?

という事を明確にしております!」

 

 

S社長「そうか。私がまわったファクタリング業者は

売掛関係の書類を渡しても明確な見積もりというものではなく、

200万以内でしたら買取れます!とか300万以内なら

債権譲渡登記を入れずに買取れます!とか、具体的な数字は

教えてくれない所がほとんどでした。それで当てにしていくと、

見事に電話で聞いていた条件と違う。

実績だの何だの、まるで一昔前の高利貸しのような事を言ってくる。」

 

 

私「いいかげんな業者が多いですし、

現に闇金上がりが挙って参入してきているというのが現状ですね。

ちなみにS社長は一昔前の高利貸しをご存知なんですか?

まるで以前使った事があるかのような言い方でしたので。」

 

 

S社長「昔、私がまだサラリーマンだった頃、

友人で自営業やっていた仲間が何人かいまして。

彼らから民間の街金や闇金の手口は聞いていて酷いもんだと。

私がこないだファクタリング実行OKの返事を貰い

行った業者がまさにそうでした。

最初は面談時に200万位ないでしたら売買手数料は

3万円以内ですと言われていたのですが、

いざ実行の目前で売買手数料は10倍に跳ね上がりました。

びっくりして断りましたが。」

 

 

私「弊社も3社間ファクタリングなら銀行の短期融資と同じくらいの

買取が出来るのですが2社間ファクタリングになると、

S社長の会社状況も把握させて頂いてからの

条件の提示になります!」

 

 

 

 

 

そう伝えるとS社長は書類を置いて自分の会社へとお戻りになられました。

 

 

 

後日、弊社にて2社間ファクタリングの見積もりを出してみましたが

 

ご希望の高額査定には程遠い買取条件になってしまいました。

 

ご期待に添えずスミマセンと査定書を提示したところ

 

S社長は「ウソを付かずにきちんとした査定額を出してくれたので

 

御社と契約させて下さい!」と申して下さり契約終結する運びとなりました。

 

 

 

企業を経営していると事業資金難や運転資金調達に翻弄される事が

 

時として発生することがあります。

 

そのときに、大事な会社の財産をファクタリングという契約で

 

売買する訳ですから、ウソを言う業者、書面を交付しない業者などを

 

パートナーに選びますか?

 

まともな賢い経営者の方なら、まず選ばないでしょう。

 

弊社もお客様が2社間ファクタリングを選択された場合

 

正直、かなり買取り条件面で割高に感じる場合もあるケースもございますが

 

困っているお客様を騙してまで契約しよう等とは間違っても思いません!

 

ご利用になる経営者様の意思に基づき、決めるのはお客様なのですから!

 

最初の入り口から虚偽のあるファクタリング業者とは

 

お付き合いしない!

 

会社を守る経営者様なら当たり前の事だと思います!

 

事業資金の調達の事なら

 

是非、弊社までお問い合わせしてみて下さい!

 

安心できる2社間ファクタリングをご提供出来るのは

 

弊社以外ありえませんとはっきり申し上げます!!

 

 

当社のホームページ  ⇒ こちら
メールのお問い合わせ ⇒ こちら

売掛金買取
売掛金買取