みなさん、おはようございます。

 

東京は連日晴れ間続きで、いいお天気が続いております。

 

GWも晴れていたので、子供と犬の散歩を兼ねて

 

毎日公園に行っておりました。

 

公園は最高です。

 

何せお金が掛からない(笑)

 

子供も犬も大喜び。

 

家でゲームばかりやらせているより、よっぽど健康的ですしね!

 

 

 

 

 

 

さて、本日は連休前にお申し込みのあった

 

お客様のファクタリングについて書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

連休前、長野県某市で歯科クリニックを2店舗経営されているY社長より

 

弊社にファクタリングのお申し込みがございました。

 

弊社HPを前から見て頂いていたらしく、

 

お問い合わせをしたとの事でした。

 

 

 

 

お電話で何故資金調達の必要が出たのかお尋ねすると、

 

高額医療機器の入れ替えの為の設備投資資金とおっしゃっておりました。

 

 

 

 

 

弊社に問い合わせする数ヶ月前から、地元の信用金庫で短期の事業資金を

 

申し込んでいて、3月末に信用金庫に対し短期借入金の残金400万を返済すれば

 

700万の融資を受けられると言われ、400万を返済したらしいのですが

 

決済後、信用金庫は話を引っ繰り返し融資をしてくれなかった為、

 

急遽民間のファクタリングで繋がなくてはならなくなったとのご経緯でした。

 

 

 

 

 

 

先日、長野県からY社長に弊社までお越し頂き面談をさせて頂きました。

 

持参頂いた資料を拝見している内に、

 

何故、信用金庫が融資を断ってきたのか解りました。

 

消費税の滞納が1000万を超え、所轄の税務署管轄から

 

国税局徴収部門へ窓口が切り替わっておりました。

 

信用金庫はきっと滞納税が多すぎると判断し

 

短期の融資を断ったと思われますが、

 

「残金400万を払ったら新たに700万を融資する」とY社長を

 

結果として騙した訳です。

 

いわゆる『貸し剥がし』というやつです。

 

銀行が近年、不良債権者予備軍に良く使う常套手段ですね。

 

実際や同じ事をやられた事がある中小企業の社長様も

 

結構多いのではないでしょうか?

 

私はこの仕事を始めてから金融機関による『貸し剥がし』を

 

今まで多々見てきております。

 

何故、嘘までついて貸し剥がすのか謎ですが

 

実際に世の中で現実に起きているのです。このような事が。

 

弊社で何とか力になれないか検討する為

 

Y社長に国税局に電話してもらうと、かなり厳しい取立てを

 

受けている事が解りました。

 

今月25日に国民健康保険団体連合会からY社長の口座へ

 

入金される予定の診療報酬債権を全額差し押さえするとの一点張り。

 

この時点で設備投資云々の話どころではありません。

 

まずは 国税を納得させるだけの金額を用意しなければ、

 

診療報酬債権が差し押さえされ潤滑な経営が困難になってしまいます。

 

しかし、さすがに弊社でも差し押さえされると解っている診療報酬債権を

 

正常債権として見てあげる事は出来ない為、

 

残念ながらお断りさせて頂く結果に。

 

3月末の段階で国税に幾らかでも支払っていればこのような結果は

 

避けられたと思いますし、弊社でもファクタリング可能だった案件に思います。

 

税務署や国税局は治めてもらうべき税金に関しては

 

きっちりと取り立てをしてきます。

 

滞納税がある場合、分納払いの計画を立てておきながら一円も払わず

 

連絡もしない。これでは税務署や国税局は許してはくれません。

 

彼らは税を徴収するプロですからね。

 

ナメ腐っていると、本当に大変な目にあってしまいますよ。

 

 

 

 

 

今回は残念ながら実行に移る事が出来ませんでしたが

 

弊社では税の滞納があっても

 

ケースバイケースで対応出来る事例もあります

 

しかし実行するには、事業資金としてのファクタリング実行予定日よりも

 

ある程度余裕をみてお申し込み頂けた方が安心です。

 

特に上記のように

 

滞納税があり国税管轄になった時点でご相談のお電話でも頂ければ

 

差し押さえの回避方法をアドバイスし、

 

可能であればファクタリングにて資金調達のご協力もさせて頂きます。

 

とにかく、何事も早めに動くという事が

 

厳しい現状を乗り切る第一歩になるという事を

 

忘れないで下さい!!

 

事業資金調達に関する2社間ファクタリング、

 

3社間ファクタリングの事ならいつでも

 

下記フリーダイヤルまでお気軽にお電話くださいね!

 

お困りの事があればご相談だけでも構いませんので

 

中小企業の皆様からのお電話、お待ちしております。

 

売掛金買取
売掛金買取