診療報酬債権(レセプト)買取についても、
売掛金買取センターは多数の実行事例がございます。

お気軽に
0120−53−6611
売掛金買取センター【株式会社トップ・マネジメント
までご相談ください。

売掛金買取センターの診療報酬債権買取ページ

病院経営が難しくなった際のファクタリング

現在の医療現場では、医療費の患者負担が、3割に引き上げられたことで、実質患者数は減ってきています。そして患者負担の増加に加えて、診療報酬は、引き下げられてきています。

事実、黒字の病院は国立系ばかりで自治体の病院は85%が赤字となっています。その赤字は税金があてがわれるわけですが地方自体の財政状態も悪化するばかりです。その上に医療現場での医師不足の解消のためかかる経費も自治体病院の病院経営を圧迫しています。

また、日本の医療機関の7割を占める民間の病院は、診療報酬の引き下げ改定が続いているここ10年、これもまた変わらない状況で毎年3割から5割の民間病院が赤字になっています。



これによって病院経営は経営困難で破綻してきています。更に、卒業後の臨床研修が義務化されたため、病院側は、独自で医師の求人をすることになってきています。

医療現場では就職や転職の買い手市場有利な状態となってきています。しかし、最近の医療改革によって病院経営が困難な状態になっている医療機関では、経営存続をかけて熾烈な競争にさらされ厳しい経営改革を余儀なくされています。

そのため、医師に対する条件は更に厳しくなり、現状、就職や転職を考える医師が希望の部署につくのが難しくなっています。