社債の発行元の倒産により、事業運営資金捻出にお困りで
事業つなぎ資金にファクタリングの利用を検討されている経営者、経理ご担当の方

0120−53−6611

売掛金買取センター【株式会社トップ・マネジメント】にお気軽にご相談ください。

今回は企業倒産後の社債の取り扱いについてお話致します。

よくある質問:社債(転換社債も含む)の発行会社が倒産した場合、社債はどうなりますか?

最近では多くの会社が債権を発行していろいろなところからお金を借りて事業を運営していると言われています。
近年では多くの企業で事業が多角化して様々なことに対してお金が必要になります。
通常は取引先の銀行からお金を直接融資してもらうのですが、そうしたことが難しいケースもあると言われています。

会社が発行する債権を社債と言いますが、社債それ自体は非常に歴史が古いといわれています。
一般的に社債はその会社の信用でお金を借りるものといわれています。
そのため、その発行企業が大企業であればあるほどお金が借りやすいといわれており、
金利も信用があることから低くなります。




社債を発行した企業が倒産した場合は、その社債は紙ずくになるケースがほとんどです。
発行元が倒産すると、倒産した時点で事業ができなくなる場合がほとんどのため、
借金を返済するという以前に、従業員を雇いこれまで続けていた収益事業すら行えなくなります。

また、会社の資産も優先的に売却されることから、
まずは銀行から借りていたお金を返すことが優先事項となり、
優先順位がほかより低い社債については後回しの返済になります。
そうしたことから、倒産した企業の社債は紙くずになります。