おはようございます。

凄く冷え込んでますね。

インフルエンザの流行もあり、

電車に乗ってもマスクだらけで恐いです(笑)

マスク

昨日、運送業のお客様から新年のご挨拶の連絡を

頂きました。 有難う御座いますm(_ _)m

運送業界の話を伺ったところ、去年末からガソリン(燃料代)の

下落が続いていて、会社にとっては嬉しい悲鳴だそうです。

しかし、それまでガソリン(燃料代)の高騰により、経営が圧迫

されている状況でした。その中で事業資金の資金繰りをして

きて、ようやく一番のコストであるガソリン(燃料代)の下落に

より、経営において改善が可能な状況が見えてきたとの事です。

 

そんな状況を売掛先(荷主)様は、異なる形で受け取るそうです。

 

ガソリン(燃料代)の下落 = 運賃を下げることが出来る

 

ただでさえ維持してきた運賃をここにきて、スグに下げられて

しまうと、経営改善どころかさらに圧迫されてしまうので、

ハラハラドキドキしているとおっしゃっていました。

せめて、2~3年は現状の運賃を維持できれば、少し楽に

なるんだそうです。ニュースなどで運賃の改善など放送

されているが、現状ではまだまだ、運賃の値下げに踏み

切ってくるところが多いのだそうですね。

 

さて、先週ご相談に来て頂いた福岡県の運送業のお客様

の案件です。 O社長様は運送業を営んでおります。

トラック

====================

福岡県 某市 運送業

【トラックの所有台数】 30台

【従業員】 35名

【月商】 2800前後

【お借入】 金融機関 3社 2億5千万

ノンバンク 1社 350万円

【税金】 社会保険料分納中 残200万

====================
福岡空港

O社長様は、ガソリン(燃料代)の高騰により、資金繰りが

厳しかったのですが、ノンバンクなどからの借入れで

なんとか経営を維持していたそうです。

しかし年末、取引先(荷主)様から追加の仕事を想定以上に

頂いたのですが、取引先(荷主)様からの売掛金の入金は

2ヶ月サイトですが、ガソリン(燃料代)・トラックのリース料

・庸車費が1ヶ月サイトなので、キャッシュフローが厳しく

なってしまったとの事でした。

不足の資金を伺ったところ、250万円あれば問題ないとの事

でしたので、取引先様 2社で420万の売掛債権の一部を

買取りさせて頂くことになり、不足分の穴埋めをすることに

なりました。

 

ご面談した翌日、お見積書にて金額面のご提示をさせて

頂きました。 内容をご説明させて頂き、O社長様も

ご納得頂けたので、即時契約実行しO社長様の会社へ

送金させて頂きました。

 

O社長様は、税金も滞納しているし、ノンバンクの借入も

ある状態で、金融機関への融資の打診も断られたそうでした。

そんな状況下でも、売掛金即日資金化出来たことに、

喜んで頂きました。

また瞬間に困った際には頼むよ~ と言って頂けました。

 

事業資金資金調達は、いざ必要な時には難しいものです。

何かお困りの際には、お気軽にお問合せ下さい。

 

売掛金買取センターの運送業報酬債権買取01