税金や社会保険料の滞納分を債権買取による資金調達で
補填することが可能です。
売掛金買取センター無料相談ダイヤル
0120−53−6611

売掛金買取センターでは、日々ブログにて
様々な業種業態の経営者様向けにファクタリングの活用事例をご紹介しております。

今回は、税金・社会保険料の滞納をファクタリングにて補填するというテーマで
お話させていただきます。

中小企業経営において、資金繰りが厳しい状況になった場合
まず最初に想定される事態として税金、社会保険料の滞納が挙げられます。

税金、社会保険料の滞納を行うとどうなるか?

税金や社会保険料を納付期限までに支払えないと、
税金であれば延滞税、社会保険料であれば延滞金がかかることになります。

税金の延滞税の計算方法は、

・納付期限後2ヶ月まで
年7.3%もしくは前年の11月30日において日本銀行が定める基準割引率+4%
のいずれか低い割合

・納付期限後2ヶ月経過以降(2ヶ月までの分は上記の方法で計算いたします)
年14.6%

です。年金・健康保険料であれば、

・納付期限後3ヶ月まで
年7.3%もしくは前年の11月30日において日本銀行が定める基準割引率+4%
のいずれか低い割合

・納付期限後2ヶ月経過以降(2ヶ月までの分は上記の方法で計算いたします)
年14.6%

です。

上記のように、長期間滞納すると高い利率で延滞税・延滞金がかかる事態となり
滞納が長期間に及ぶと、延滞税・延滞金が大きく膨れ上がってしまうことになります。

また税金、社会保険料の滞納は、その滞納金額を国や年金機構から年14.6%
で借りているのと同義と言えます。

ですので、本業に支障をきたさないためにも
速やかに滞納分を支払う必要があります。

税金、社会保険料の滞納をファクタリングにて補填

滞納補填の資金捻出のために、経営者様は最初に銀行や信用金庫等の
金融機関に資金融通のお願いをすることを第一に検討されると思います。

但し、スムーズに融資が受けられるとは限りません。
融資実行までにもタイムラグが発生し、その間にも延滞税延滞金が
増大していく恐れがあります。

売掛金買取センター(株式会社トップマネジメント)では、売掛債権の買取【ファクタリング】を通じて
税金や社会保険の滞納解消資金に充当していただくお手伝いもしております。

審査の結果によっては最短翌日にて債権買取契約を結ばせていただき
資金調達のサポートを致しました。

一度、売掛金買取センターの無料相談窓口

0120-53-6611

までご連絡ください。

売掛金買取センター 株式会社トップマネジメント