法人税の追徴課税のためにファクタリングを利用する経営者様が
一定数いらっしゃいます。

事前に法人税についての知識を深めていただきたく
今回の記事のテーマとしました。

税金滞納でお悩みの経営者様

0120−53−6611
売掛金買取センターの無料相談窓口をご利用ください。

経営者が知っておくべき法人税のコト

法人税とは会社をはじめとした法人が、
事情を行うことで得られた所得から支払いをする税金のことをいいます。
税金には国に対して納める国税や、市町村や都道府県に対して納める地方税などに分類することができますが、
法人税はこれらのうちの国税に該当します。

税金を納めるものである納税者と税金を負担するものである担税者が同じである税金のことを直接税と呼び、
納税者と担税者が別になる税金のことを間接税と呼びますが、法人税の場合には税金を負担するものも納めるものも法人となりますので、直接税として扱われます。

税金について納税者が計算を行って、申告して納付する方法のことを申告納税方式という言い方をしますが、
国や地方公共団体が納めるべき税金の金額の計算を行って、納税者が税金を納める方式のことを賦課課税方式と言います。

法人税は納税者である会社などが自分で納めるべき税金の金額を計算して、
申告してから納付を行いますので申告納税方式と該当します。

法人には様々な種類がありますので、法人の特性や目的によっては課税される法人と課税されない法人に分けられます。
課税される法人には普通法人や協同組合などがあります。
課税されない法人には、公共法人、公益法人、人格のない社団などがあります。