建設、土木工事業者様の事業資金調達実績多数の売掛金買取センターをご利用ください。

無料相談フリーダイヤル
0120−53−6611

経産省、100%保証の指定業種に建設・土木工事を追加-食品機械製造など外れる

掲載日 2014年12月10日
  経済産業省は9日、経営不振の中小企業向け融資が焦げ付いた場合、国が損失を全額負担する「100%保証」について、2015年1月からの指定業種を発表した。建設や土木工事など68業種が追加される一方、食品機械製造や事務用機械製造など81業種が指定から外れた。この結果、224業種が対象となる。

 「セーフティネット保証5号」と呼ばれるこの制度は、「最近3カ月間の売上高が前年同期比5%以上減少」か「製品原価のうち20%を占める原油などの仕入れ価格が20%以上上昇しているにもかかわらず価格転嫁できていない」中小企業が対象。14年春に206あった指定業種は、景気持ち直しに伴い7月には157業種まで縮小したが、10月以降は再び200業種を上回る水準で推移している。