脱毛エステ最大手のミュゼ・プラチナムが任意整理を行ったという記事をご紹介します。
TVCMに雑誌に交通広告にと非常に派手なプロモーションを行っていたイメージが強い会社ではありますが
ミュゼは他社と違い、特殊な会計処理をしていたことが原因で資金繰り困難に陥ったとのことです。

売掛金買取センター(トップ・マネジメント)の2社間ファクタリングなら、売掛先に知られずに事業資金調達を行うことが可能です。必要なのは企業間の売掛債権のみです。
お気軽にお問い合わせください。

朝日新聞デジタルより

脱毛エステ大手の「ミュゼ・プラチナム」を運営するジンコーポレーションが多額の負債を抱え、銀行団との任意整理に入っていることがわかった。高橋仁社長が6日、都内で会見して明らかにした。事業は継続したうえで、債務返済に向けた再建計画をまとめ、来年3月までに銀行団の同意を得る、と説明している。

 ミュゼは全国に脱毛エステサロン約190店を展開し、会員は約270万人。8月下旬から9月上旬にかけて解約件数が増加し、前もって支払ったエステ代金を顧客に返済する費用などがかさんだという。昨冬以降、スタッフが不足気味にもかかわらず宣伝広告を打ち続け、予約が取れないなどの苦情が出ていた。

 常陽銀行(水戸市)など主要取引銀行のほか、電通など広告会社にも負債があり、支払い猶予の交渉をしている。負債額は明らかにしていない。