つなぎ資金としてのファクタリング利用が非常に増えております。
売掛金買取センターまでお気軽にお問い合わせください。

臨時特例つなぎ資金貸付を利用した元経営者の体験談

父の代の創業から50年経ち、老舗を自負していた建設業の元経営者ですが、放漫体質の経営であったバブル時代からの余剰経費が削減出来ずにいたこと、事業の多角化に失敗したことなどから、資金繰りが悪化し、会社存続のために私財を投入するも倒産、自己破産となってしまいました。債務整理のために所有していた土地・財産はすべて処分し、完全なる一文無しになってしまいました。身を寄せる親戚もおらず、いよいよ自殺か強盗というところまで追い込まれてしまいました。死にたくはなかったので融資元を探していたのですが、どこのキャッシングも私のような自己破産したブラックには、金を貸してくれませんでした。再就職のための当座の資金もなく、まさに転落人生そのもので、完膚なきまでに生活は破壊されてしまいました。しかし最後の望みとして区役所に相談したところ、臨時特例つなぎ資金貸付という制度があることを教えてもらえました。この融資は我々のように突然家を失い、生活保護などの公的な給付金を受給できるまでの、つなぎとして受けられる無担保・無利息の特別融資です。
フル融資で10万円までと少額ですが、生活保護をもらえるまでの期間を、無一文で過ごすよりははるかにましです。現実的にこの融資が私のライフラインとなりました。現在は再就職し、何とか生活していますが、この融資制度がなかったら今頃死んでいたかもしれません。