自動車担保ローンとは、その名の通り自動車を担保として、お金を借りることが出来る補法になります。不動産を担保にしてお金を借りる時とほぼ同じような仕組みのものですが、本質的には異なるものになります。簡単に利用できますし、借りる金額もそれほど大きいものではありませんので、悪質性を感じませんが近年悪質な業者がこの制度を悪用しています。

このローンの悪質性は担保にする自動車を安く入手して、中古車販売店に転売し大きな利益を得ようとすることです。自動車担保ローンを利用する人の多くは、キャッシングなどで借り入れが出来なくなった人が最後の手段として利用するケースが多く、最終的にローンの支払いが滞ることがあります。このように返済について問題があると担保である自動車を処分するという名目がなりたちます。つまり、タダ同然で担保である自動車を入手できてしまうというわけです。

自動車担保ローンは非常に手軽である事、融資後もそのまま自動車に乗り続けられることなど、利用者にとって有利な点もありますが、手数料が法外に高いことや、ローンが支払うことが出来なくなったら手放さなければならないなど、リスクが高い一面もあります。今の所違法性は少ないのですが、少しでも違法性を感じた時には弁護士などの専門家に相談することをお薦めします。