こんにちわ

クリスマス。。。までもう直ぐです。

この一年があっという間に過ぎてしまった感じがします(笑)

 

診療報酬債権

今年は小規模の病院からのご相談が多かったです。

【 診療報酬債権ファクタリング 】

レセプト請求を毎月10締めにて発送し、翌月の都道府県により

多少前後しますが、20~月末にかけて入金があるのですが、

医療業界では、支払いが先出しになるものも多々御座います。

 

例えば、医療機器! そして、人件費! 更には、実費で治療に

来た患者さんが多いと、現金での集金に時間が掛かってしまうこと

もあります。

 

昨今、全国各地にレセプト債権の買取を行うサービスがたくさん

御座います。しかし、残念ながら悪徳業者も増えて来ております。

 

お客様からの相談だったのですが、

 

診療報酬債権は国民健康保険団体連合会及び社会保険診療報酬支払基金

からの入金日は一年を通して決まっております。

 

※国保=国民健康保険団体連合会

※社保=社会保険診療報酬支払基金

 

悪徳業者になると、国保・社保からの入金日から何も連絡が無いまま

一週間ほどしてから、勝手に振り込まれているケースがあるそうです。

医院からしますと、入金日が見えないので支払いの予定が立てられ

ません。 某診療ファクタリング業者から通知もあるワケでも

なく、全く分からないそうです。

 

但し、国保・社保に診療債権を譲渡してしまっているので、

某診療ファクタリング業者から入金があるまでは、口座に

いくら入るのかも分からない状況との事でした。

 

融資の形式で契約しているのであればまだ理解は出来るのですが、

お客様の医院長様曰く、ファクタリング!との認識でした。

 

しかし、その都度の契約書面があるワケでもないので、

売買手数料?すらも、いくら掛かっているのか分からないそうです。

先月も、30満点は軽くオーバーしているのにも関わらず、

医院長様の元に入金があったのは、120万円だったそうです。

 

私も驚きました!

 

医院長様もこんなものなのかと考えていたそうですが、

先が全く見えないので、弊社にご相談に来て頂けました。

医院歯科医

====================
神奈川県 某市 M医院長様
レセプト請求:30~45満点
従業員:5名
金融機関:2社7000万円
ファクタリング業者利用中
====================

M医院長様が契約されて、3ヶ月程たったのですが、

資金繰りが悪くなる一方で悩んでいたそうです。

 

普通に考えてしまえば、単純に300万円の入金予定

が120万円しかなければ、医院を経営していくことが

困難になります。 なんとか身内などから集めてなんとか乗り

切って来たそうです。

 

M医院長様には弊社の仕組み、流れをご説明し、その都度数字の

分かる書面を交わす旨も伝えたところ、M医院長様が今利用している

業者との違いに驚かれておりました。

 

昨今、様々なファクタリング業者がおります。

大手企業様の行っているファクタリングサービスでは審査が

厳しく、3年は経営してからでないと受け付けないところも

多々御座います。 しかし、弊社では小回りが利くように

医院長様に寄り添ってのご提示を心掛けておりますので、

診療債権での事業資金の調達でしたら、弊社まで

お気軽にご相談頂ければと思います。

診療報酬債権介護報酬債権
診療報酬債権介護報酬債権