こんにちは。
先日、夜遅くに以前から深いお付き合いをさせてもらっている大病院の理事長に食事に誘って頂き、
久しぶりに飲みすぎてしまいました。
「シュワシュワ足りてるの?飲みなよ?」
「はい。頂きます・・・」
シャンパンを浴びるほど飲ませれ、大変な目に・・・
でも、久しぶりに楽しかった!
理事長、先日は有難うございました。また誘って下さいませ!

という具合でしたので本日はお疲れモードです・・・
しかし、ただ飲んでいた訳じゃあございません。
しっかり案件を頂戴して参りました!!
理事長と同業の病院経営者の方が資金繰りに困っているという事で
お話を伺う事も兼ねて先日お会いしてきました。

ご紹介頂いた経営者の方は千葉県で病院を経営されているU院長。
お酒も入っていたので、かなり砕けた話が沢山出来きました!
相談内容は設備投資で医療機器代金の支払いが有り1500万程資金調達しなければならないとの事でした。
毎月の診療報酬債権が8000万前後はある為、3社間ファクタリングにて売買する話がスムーズに出来ました。
急遽資金繰りに走らなくてはならなくなった理由は、某信用金庫に融資のお願いをしていて2000万程
貸してもらえる予定だったらしいのですが、融資実行日が月末まで伸びてしまった為、
弊社知人の理事長を通じてのお申し込みでした!
U院長いわく、ファクタリングについての知識が無かったため「1500万も出してもらうんだから保証人くらい付けるよ」と
言って頂いたのですが、弊社は完全ノンリコースでの買取のみを行っている為「うちで行うファクタリングは保証人を必要としない契約なんですよ。」と
伝えると「買取契約にしても、1500万円からの事業資金を出して本当に保証人もとらないの?こっちは有り難いけどさ!」とびっくりされていました!
診療報酬債権や介護報酬債権は弊社の得意とする分野の一つであり、かなりの成約率を誇っております。
診療報酬債権や介護報酬債権をお持ちの方で、これから事業資金を調達しようとお考えの経営者様。
是非弊社までお問い合わせくださいね!
期待を裏切らない高価買取のお見積もりを出しますよ!!

これからU院長と契約してきます!!
それでは!!!