皆様こんにちは、なんだか天気がいまいち悪いのに、

今週は気温が高く体を壊さないように思う、

今日この頃ですが、

皆様は如何お過ごしですか?

 

本日3月18日は「精霊の日」だそうです。

精霊馬

 

 

 

 

 

万葉集を代表する歌人の柿本人麻呂、

女流歌人の和泉式部と小野小町、

この3人の忌日が3月18日であると伝えられていることから

記念日となっています。

精霊は「しょうりょう」と読み、死者の霊魂をさしています。

 

他には

 

明治村開村記念日 1965(昭和40)年、

愛知県犬山市に博物館明治村が開村しました。

博物館明治村は明治の建築物を保存展示する野外博物館です。

 

がありました。

 

本日は、最近当社以外での

2社間ファクタリング業者 について触れさせていただきます。

 

1、お見積りに関して

当社では契約前に申し込みを いただいたお客様に対し、

どの売掛債権を幾らで買取り お客様が幾らの損失があるかを、

内訳けさせていただき、

見積書に明記してご提示させていただいております。

 

※注1 当社以外の全社とは言いませんが、

色々な企業様や 社長様方のお話を伺うと、

他社のファクタリング企業は、

そういった見積書を提示されることが無いようで、

不安になり断ったという、お話を伺いました。

 

2、契約に関して

当社では先に述べた見積書をご覧いただき、

見積り金額に対する説明や、

ファクタリング契約に対する内容を、

お客様がご理解いただけるように、

重要事項説明として お客様にお伝えさせていただいております。

 

3、契約書の交付に関して

当社では、ファクタリング契約を締結させていただいた際は、

必ず同じ内容の契約書を2部づつ作成し、

契約者様に交付させてもらっております。

 

※注2 他社のファクタリング業者をご利用された、

企業様や社長様が必ず仰られるのは、

契約書を渡されない とのことをお聞きします。

契約書や取引明細などの交付が無いために、

会計上や税務上の処理に困ったり、 実際に、

どの売掛債権を買取ってもらったのかも 解らず、

不安だったと良くお聞きします。

 

3、売買に対する手数料に関して

他社のファクタリング業者では、売買手数料と称して、

表現されているようですが、

当社は手数料名目で売却代金をいただいておりません。

 

※注3 ファクタリング業者によっては、

自社への売却代金の 受け渡しに銀行振り込みを使わず、

手集金をしたり するようですが、 その際に、

領収書も発行してくれないようです。

最悪のケースは、集金に来てもらったり、

売却代金を他社のファクタリング業者へ支払いに行った際に、

他社のファクタリング業者で言う、

手数料分だけを受け取られ 翌月分の売掛債権を売却した

ファクタリング契約を結ばれるといった、

ことも耳にしました。

 

以上、簡単に説明させていただきました。

他社のファクタリング業者は、

金融業者と同じではないかと

思われる契約をしているところも、

中には有るようなので 警鐘になっていただければ幸いです。

お辞儀イラスト

 

 

 

 

 

 

当社へ申し込むのも不安な方もいらっしゃると思います、

そのような方は、是非一度、遊びに来てください!

当社は笑顔の絶えない明るい会社です。

来ていただければ不安も払しょくされます。

 

企業様が信頼してご利用できるファクタリングなら トップ・マネジメントではないかと思います。

 

事業資金や資金調達のご相談や問い合わせ心よりお待ち申し上げます。

 

当社のホームページ  ⇒ こちら

メールのお問い合わせ ⇒ こちら

保証人不要の事業資金調達