赤字決算の場合に融資を受けることは非常に難しいことですが、これは銀行からの融資についてはこの定義は当てはまります。しかしよくある誤解なのですが、ファクタリングについては、赤字決算であるがゆえに、利用する、と言うケースの方が多いと言ってよいでしょう。すなわち、銀行融資を受けることが厳しい事業者が利用するケースの方が多いと言っても過言ではありません。

事業主としては最も信頼のおける銀行融資を最初に考えます。しかし銀行からの融資には厳しい審査を通過する必要があり、それを成功させるには納得のいくエビデンスを用意しなければなりません。大きな企業であれば業務内容に余裕がある事もあり、専門部署が融資の為のエビデンスを作成することも可能ですが、個人事業の場合にはそのような時間的な余裕もありません。全体的な費用対効果を考えた場合、ファクタリングを利用する方がメリットが大きいことも考えられます。

したがってファクタリングを取り扱う各金融機関は、赤字決算の中小零細企業からの事業資金調達相談をよく受けているということを意味しています。そして、融資が出来るかの判断材料を豊富に持っていると言えるでしょう。その判断基準の大きな要素として、赤字決算ではあっても、その収益性に問題がない場合や、設備投資の為に一時的に赤字になっているだけなど、経営状態の健全性が高い企業には、融資を行ってくれる可能性が高いでしょう。