今回も経営に役立つ本のご紹介です。
主に創業したばかり、あるいはこれから起業を考えている方向けの磯崎哲也氏の「起業のエクイティファイナンス」という本です。

創業当初の資金繰りは非常に難しいものがあります。売掛金買取センターのファクタリングでしたら売掛債権をお持ちの方でしたら資金調達のご相談をお受けすることができます。

お気軽にご相談ください。

磯崎哲也氏の「起業のエクイティファイナンス」を読んでみた感想

日本のベンチャー起業家のレベル向上と発展を願う、筆者の熱い気持ちが伝わってくる良著です。序章で日本ベンチャーの胎動ともいうべき近年の変化を論じ、最終章でその未来を語る、問題提起とその未来といったコンストラクティブな論調が読者を惹きつけます。そういった自己啓発的な要素を持ちながら、企業買収の方法などの現実的な投資家の思惑などの分析も惜しみなく公開し、専門家からの意見と同等の情報を得ることが出来ます。


起業のエクイティ・ファイナンス—経済革命のための株式と契約

複雑になったベンチャーの企業買収のための実務についても、売買される両者の立場や思惑を時系列的に解説してくれる面では初心者向きとも言えますが、現実的には非常に深いテクニックを要する世界ですので、真に理解するには知識の積み重ねが必要となるでしょう。自身の経験をアウトラインにしている当事者としての書籍ですので、資本政策の処方については人間臭さを感じさせ、その裏側にある生臭い利害関係が、現実味と信憑性を窺わせます。

乙種普通株式、議決権種類株式などの論旨は、資金調達を行う上で非常に参考になる施策として活用できます。この書籍の位置づけとしては前著の「企業のファイナンス」が教科書であるならば、ベンチャー企業が根付き力をつけていくための、実務参考書、または問題集といえるでしょう。