4日午前の東京株式市場の日経平均株価は、

前日比66円43銭高の2万0539円94銭で始まりました。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

埼玉県 某市 運送業 K社長様
平均月商:1200万円
従業員:10名
トラック所有:12台
借入:金融機関 3行 残:約9000万円
ノンバンク 1社 残150万円
税金:消費税 50万円 分納中
社会保険料 150万円 分納中

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

大宮駅

 

 

 

 

 

 

今回は、税理士の先生からのご紹介の案件でした。

先生はK社長様の会社内容を見ており、資金繰りや

改善する部分の話し合いをK社長とおこなっていたそうです。

 

a0003_ki_0141

 

 

 

 

 

 

K社長様の会社は、運送業務を行っており、主に食品関係

の荷物を運んでおりました。

各売掛先様とは取引が10数年来の付き合いですが、

昨今は、運賃の値下げの依頼がいつ来るかドキドキしながら

待っているとの事でした。 売掛先様から運賃の値下げ依頼が

来てしまった際には、交渉するどころか、応じなければ仕事が

無くなってしまう状況との事で、過去に2回も運賃が下げられた

経緯があったそうです(泣)

 

そんな中、事業資金の融資を受けるべく、資金調達方法を

税理士の先生と話し合いの元、進めてたのですが、

銀行借り入れやノンバンクの即日融資・ビジネスローンも

ことごとく断られてしまったそうです。

先生とも話をしていたので、K社長様も覚悟はしていたそう

ですが、ここまで断られるとは予想していなく、困ってしまったそうです。

 

税理士の先生から弊社をご紹介頂いて、お話を伺う形になりました。

当初、税理士の先生から弊社にお問合せ頂き、簡単にお話を

伺いました。 その後、K社長様より再度お問合せ頂いて、まずは

お電話にてお話を伺わせて頂きました。

 

K社長様自身、「事業資金調達の為に数社打診をしたが、

どこも断られてしまっていて、そんな状況でも大丈夫でしょうか?

との不安げな感じで話始めたので、私から「大丈夫ですよと

お伝えさせて頂き、更にお話をさせて頂きました。

K社長様曰く、緊急資金調達をしたいとの事で、必要書類を

お伝えさせて頂きまして、翌日に弊社までお越しいただきました。

 

ご用意頂き、お持ち頂いた書類を基にお話を伺いました。

仕事自体は、少しづつ増えて来ており、燃料代も依然と比べたら

少し楽になって来たので、この2ヶ月を乗り切れれば問題ないそ

うですが、取り急ぎ、今月末の燃料代の支払いをなんとか

したいとの事でした。

K社長様の取引先様からの入金は毎月、10日と月末の2回に

分かれており、その都度支払いをしているそうです。

しかし、困ったことに3ヶ月程前にノンバンクに即日融資とのことで、

ビジネス資金の融資を受けたそうですが、支払日が27日と

なっており、取引先様からの入金日の少し前なのだそうです。

ノンバンクの都合上、支払日は月末には出来なかったそうです。

ノンバンクには、保証人も付けて自宅の抵当権も入れられて、

支払いは当座で決済の為、小切手を計6枚切らされたそうでした。

更に、燃料屋さん3社のうち1社が同じく27日の支払いで、

資金繰りが非常に困難な状況でした。

運送業をしている以上、燃料代が支払えずに燃料が入れられなく

なるのは避けたいのと、小切手が回って来てしまうので、この

数ヶ月はバタバタと資金繰りを行ってきたそうです。

 

更に詳しくお話を伺うと、K社長様自身、キャッシングにて個人で

借り入れも多数しておりました。 合計で350万円と融資限度額

ギリギリまで借り入れローンをしているとの事でした。

K社長様は「お恥ずかしい話で。。。」との事ですが、

上記のケースは「良くあることですからね、どこからも

借り入れていない社長さんの方が少ないですよ」と伝えました

 

 

K社長様は、社員にも売掛先様にも知られずに資金調達を

おこない、事業の立て直しを図りたいそうです。

ローン比較サイトなどやインターネットで事業資金の集め方など

を模索していたのですが、上手くいかなかったそうです。

 

昨今私も、たくさんの社長様達からご相談を受けますが、

やはり、事業資金の調達には皆様大変、苦労しているのを

よく伺っております。 金融機関では、融資がおりる方、

融資がおりない方は原因が明確なのですが、通常、理由

をどこの金融機関も教えてはくれません。

なかには例外もありますが。。。(笑)

 

本来ならば、金融機関やノンバンクが上手く資金繰りの

為の融資をして頂ければ、こんなに社長様達も困る事も

ないのに。。。と思う今日であります。。。

 

しかし、事業をしている以上、当然支払いも発生しますので、

その都度、対処しなければなりません。

 

話が反れてしまいましたが。。。

 

K社長様ですが、弊社のファクタリングサービスの概要、

3社間ファクタリング】と【2社間ファクタリング】の違い、

そして、それぞれのメリットデメリットを説明させて頂きました。

 

今後、2ヶ月における資金繰りをK社長様と一緒に考え、

K社長様が強くご希望されていた、2社間ファクタリングにて

進めていくことになりました。

しかし、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングにおいては、

条件提示が異なってくる旨も伝え、金額もK社長様が

希望されている金額に届かなかったケースもありますと、

明確にお話させて頂きました。

弊社では、出来るものは出来るとお話させて頂きますが、

出来ないものは出来ないとしかお話が出来ませんし、

嘘をついてのお付き合いをすることは御座いません。

 

資金調達に焦っている社長様達が良く騙されてしまうのが、

電話口にて、条件面を伝えられそれを鵜呑みにして

契約に行ったら条件が全然違うなど。。。 良くこの手の

お話は伺います。

悪徳業者などは、電話口で「1~2%しか掛かりません

などと話をするところもあるそうです。

メガバンクでもそんな低金利で即日融資は有り得ません!

弊社では、キチンとご面談させて頂き、条件面はお見積書

にてご提示させていただいておりますので、ご安心ください。

 

お見積書を先にご提示するので、契約時に数字が異なる

事がありましたら、ご指摘ください。 有り得ませんので(笑)

 

K社長様は、ファクタリング自体を御存じでなかったので、

私が説明させていただき、一度会社に戻って頂きました。

 

そして

 

翌日の午前中にお見積りのご提示が出来ました。

 

K社長様が必要としていたのが200万円でした。

 

与信調査の結果、売掛先様2社で確定している

債権額合計380万円を買取対象とさせて頂き、

230万円の御手渡し額のご提示となりました。

※良くあるご質問で、上記の差額は?となります(笑)

380万円 - 230万円 = 150万円 ですね?、

150万円は弊社が頂く事は御座いません。

掛目を必ず設定しますので、買取り対象とならず、

K社長様のものとなります。

 

弊社は別途、売買手数料のご提示が見積書内にて

されております。 こちらは、売掛先様及びお客様の

与信調査次第となりますので、様々なケースが御座います。

詳しくは、是非ともご面談させて頂ければと思います。

 

K社長様は、必要以上に資金調達が出来たことに、

喜んでいただきました。

試算上、今回問題なく支払いも可能となり、更には

少し余裕が出来たそうです。

弊社は、2社間ファクタリングにおいて、実績に伴い

条件面も変動する旨を伝えたところ、

「また来月も頼むよ~」

と言っていただけました。

 

私は、会社を経営していると、色々な状況があると思うんです。

そんな中、弊社でファクタリングをし、キャッシュフローが

改善して「助かったよ!」とか「なんとか乗り切れたよ!

などと声を掛けていただけるのが、一番嬉しいですね(笑)

 

 

事業資金資金調達のご相談や問い合わせお待ち申し上げます。

会社の経営をバックアップしている、税理士の先生からの

ご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さい。

 

当社のホームページ  ⇒ こちら

メールのお問い合わせ ⇒ こちら

 

売掛金買取
売掛金買取