金融危機の際に政策投資銀行と商工中金が中小企業に対して資金繰り支援をすることを義務化するというニュースですが、こういった経済情勢に関係なく、中小企業の資金繰り問題は常につきものです。こういった制度が整うまで待ってられないという企業様も多いのではないでしょうか。

売掛金買取センター【株式会社トップ・マネジメント】では、そういった中小企業の資金繰り問題をファクタリングで支援いたします。無担保・保証人不要の事業資金調達ですのでお気軽にご相談ください。

0120362005ファクタリング無料相談

財務省と経済産業省は21日、日本政策投資銀行法と商工組合中央金庫法の改正案の概要を発表した。完全民営化の方針は堅持するが、現行法で2022年度までとした完全民営化の時期は示さない。金融危機が起きた際に中小企業などの資金繰り支援を義務付ける。今後は政府が関与する期間が長引いても民業圧迫を防げるような仕組みの導入を検討する。
 政投銀は15年度に政府からの出資を受けて、企業の成長投資を促すファンドを立ち上げる。同ファンドの投資回収が終わる25年度までは政府が政投銀株の2分の1以上を保有する。
 商工中金も約46%に相当する政府の株式保有は当面維持する。