有休消化、企業に義務付け 厚労省が案を提示

2014/11/5 20:22

厚生労働省は5日、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会を開き、企業に有給休暇の消化を義務付ける案を提示した。社員ごとに年数日の有休をあらかじめ指定して、低迷する取得率を引き上げる。中小企業の残業代を引き上げることと合わせ、企業に長時間労働の是正を促す。

日本の有休の取得率は50%を下回り、100%近い欧州と大きな開きがある。社員から取得を申し出る今の仕組みは職場への遠慮で休みにくいとの指摘があり、企業があらかじめ有休を指定する欧州式の仕組みを導入する。日数や手続きは今後詰める。

休日を増やすだけでなく、残業も減らす。厚労省は中小企業の残業代を引き上げる方針だ。月60時間を超える残業に、通常の50%増しの賃金を払うことを義務付ける。今の25%増しから大企業と同じ水準に引き上げて、長時間労働を減らす。

ただ運送業は荷物待ちなどで労働時間が延びやすい。この日の審議では中小企業の経営者から「運送業の自助努力には限界があり、一律引き上げに反対」とする声が上がった。今後、国土交通省と連携して対策を検討する。

一方、終業から翌日の始業までに、最低11時間空ける「インターバル規制」は労働側が強く求めたものの、経営側は「繁忙期の仕事や、時差のあるグローバルな対応に支障が出る」と反対した。年間の残業時間に上限を設ける案にも、経営側は「突発的な事態に対応できなくなり、企業競争力の低下につながる」と強く反対し、審議は平行線だった。

厚労省は審議結果を反映させた労働基準法の改正案を2015年の通常国会に出し、16年春の施行を目指す。専門職らの労働時間規制を緩める改革と同時に進め、働く人の健康を確保する。

このニュースを見付け、非常に驚いております。

日本の零細中小企業様で、有給休暇及びキチンとした休み、

そして労働時間、どれだけ守れる会社がいるのだろうか?

僕は以前、広告代理店業に携わっており、海外にイベントなどで

アメリカ本土~一部ヨーロッパに行っておりましたが、

他国の方とビジネスの打ち合わせなどで話を色々しましたが、

良く言われるのが、「日本人は働き過ぎ!もっと家族の為に時間を

費やさなければダメだよ!」と多々言われた経験が御座います。

 

でも、弊社にて様々な企業様そして社長様とお話をさせて頂くと

日本特有の繋がり、風評・世間体が。。。。。と良く言い。

 

そして、請け元の企業から言われるのが、お宅じゃなくても

他に業者は沢山あるからね! と言われてしまう現状が多々

見受けられます。

 

日本独自の大手の企業に就職している人間が偉い!と取れる

発言ややり取りが多数聞こえます。

 

なぜなのでしょうか?

 

僕は、日本の企業はピラミッドに例えると、

零細企業様が底辺になり、中小企業様が真ん中

いて、一流と言われる企業様はピラミッドの

トップに君臨している形ですが、

 

よく考えてください!

 

ピラミッドが安定して数千年も大きく形が崩れず、

未だに残っているのは、土台がキチンと形成

されていて、その上に立っているわけですから、

そこにいつまでもあると思うんです!

ピラミッドの形が逆三角形だったのならば、

グラグラしてしまい、安定しては存続出来なかったわけです。

 

昨今の、企業に見てみると大手が零細中小企業に対して、

の扱いがとても酷く見えてしまう事があります。

「ウチのやり方に不満があるなら、取引止めるから!」

「お宅以外もたくさん業者はあるから!」 などなど

更には、談合や斡旋及び圧力は力が大きい会社

から小さい会社への当たりはもの凄いものです。

 

その環境に多くの零細中小企業様がいる中で、

キチンと休みを取って、働く人への健康。。。

税金はあがる一方で、会社の経営も厳しい中、

給料を上げるのは困難です。

経営側からすれば、休む分給料は下がるよと。。。

この悪循環。。。

 

なんとか、なりませんかね~(泣)

2社間ファクタリング

 

 

 

 

 

 

日本人の良い所は、コツコツと団結力があって、

より良いものを作り出せるんだと思うんです。

2社間ファクタリング事業資金

 

 

 

 

 

海外に行ったときに、日本の製品はやっぱり凄いな!

と思う事がたくさんありました。

でも、その製品は一流企業だけで作って販売している訳では

ありません。その一流企業の下にはたくさんの下請け業者様

がいて、みんなで一から作って行ったものが、メーカーから

素晴らしい商品及びサービスとして出来上がるものだと

思うんですけども。。。

 

確かに、下請け業者でも悪質な会社も御座います

 

でも、人間味のある社長様もたくさんいると思うんです。

僕から見るに、現在融資はどこも非常に厳しい状況、

しかし、他に資金調達方法がなく苦しくなる企業様は

どのようにして立て直すかを必死に考えております。

日本の零細中小企業様はもっと、助けがあっても良いのでは

ないかと思います。

弊社では可能な限り多くのご相談を承り、資金調達の部分では

ファクタリングにて事業資金の流動化をさせて頂いております。

何かありましたら、下記までご連絡下さい。

ファクタリング売掛金買取センター
ファクタリング売掛金買取センター