おはようございます。

今日は関東でも雪の予報が出てますね。

冷え込みも厳しいので、体調には気を付けて行きましょう。

 

さて、昨日ご来社頂いた青森県 建設業 N社長様の案件です。

青森では、今年積雪量が例年よりも多いんだそうです。

私もニュースでも見てました(汗)

実際の現場では、昨今の人材不足!

が響いており、地方の為仕事単価も低く、

なかなか人材が集められないとの事でした。

悩む5

 

 

 

 

やはり、若い世代は仙台もしくは東京に行ってしまう事が

多く、地元では昔からの職人さんが集まってなんとか

頑張っているそうです。

 

そして、豪雪!

雪が大量に降ると、交通機関の混乱! そして、現場も

時期的にストップしてしまいます。

そこで、除雪作業の仕事が舞い込んでくるそうです。

N社長様のところでも、除雪作業車両を1台持っている

そうなのですが、特殊車輛なので経験が豊富なベテラン

でないと操作が難しいそうです。

昨今、若い世代が育たなく、現状では除雪作業車両を運転

しているのは、60代半ばのベテランの従業員が作業を行って

いるそうです。 その従業員の方も年齢的にも引退したいの

だけれども、引き継げる若い世代がいない為、今年も除雪

作業を行っているそうです。

豪雪

【間違えました】

※こんな事も有り得るんですね(汗)

 

 

 

豪雪2

 

 

 

 

 

ただでさえ、人材不足! そして豪雪!の中、除雪作業の

仕事は季節的に有り難いお話なのですが、入金が役所から

になるので、契約をしても入金日が明確ではない為に、

事業資金の資金繰りが非常に行いづらいとの事でした。

 

突然の大雪、そして緊急での追加の仕事を頂いても、

先出しでの支出が発生してしまうと、キャッシュフローが

不足してしまうそうです。

 

N社長様は金融機関での融資をリスケジュールすることに

より返済金額を減額して、経営改善に繋げる計画を

しておりました。しかし、それでもキャッシュフローが不足

してしまう事があるそうです。

 

弊社にご来店頂き詳しく内容を伺ったところ、

月商:1200万円前後で、冬季はその内700万円程が

除雪作業による入金でした。他は仙台に事務所を構えて

おり、東北地方での仕事を請け負っていました。

そこで、定期的に入金がある売掛債権2社で500万円の

一部を買取りさせて頂き、N社長様が必要な先出しの不足分

である、ガソリン代(燃料)・人件費・下請けの支払いが

350万円あったのですが、売掛先様の与信が非常に良く

問題なく、不足していた金額の穴埋めをするお見積書の

ご提示が出来ました。

 

N社長様も喜んで頂けました。

N社長様曰く、税金が多少未納状態だったので、

ファクタリングの審査でも弾かれてしまうのでは?と

心中察していたそうです(笑)

 

弊社ではお問い合わせを頂いてから、可能な限りスピーディに

ご対応させて頂きます。即日資金調達のお役に立てる様、

最善を尽くしますので、なにかお困りの際にはお気軽に

ご連絡頂ければと思います。

売掛金買取センターの建設業報酬債権買取01