静岡県の2015年8月景気動向指数はマイナス悪化しているという記事をご紹介いたします。
売掛金買取センターのファクタリングでは製造業、非製造業などの業種にかかわらず、売掛債権買取の対象とさせていただいております。

お気軽にファクタリング無料相談窓口をご利用ください。

日本経済新聞より
静岡県中小企業団体中央会がまとめた8月の景気動向指数(DI)は、前月比6・6ポイント悪化のマイナス26・6だった。前月比で悪化するのは今年初めて。製造業、非製造業ともに収益状況が厳しく、慎重な見方が広がった。
 製造業は横ばいのマイナス34・5だった。7月後半からの猛暑でエアコンなど白物家電関連は好調だったが、原材料の高騰や短納期の仕事の重複による外注費の増加で「組合員の8割が減益に陥っている」(生産用機械器具)など厳しい声も目立った。非製造業は12・9ポイント悪化のマイナス19・3。建設業は官民ともに仕事量が減少。運輸業の荷動きも伸び悩んだ。
 DIは前年同月と比べて「好転」と回答した割合から「悪化」を引いた値。協同組合などの役職員60人から回答を得た。