会社の利益を把握すると同時に、日々の経営活動のなかで、気をつけておいたほうがよいことがあります。
それが日々のお金の支払いに関する「資金繰り」です。

今回は資金繰りをうまく回して、売掛を早期に回収できなかったばかりに
仕入れ代金の支払いや借入の返済資金の目処がつかず黒字倒産といった事態にならないための
ファクタリングの活用法についてご説明します。

資金繰りは今現在進行形の現金収支を把握することから

資金繰りは将来予測される利益の確認ではありません。
今期どの程度の利益が出ているかを把握しても、現金での資金繰りがうまくいくわけではないのです。
資金繰りとは、「今現在進行形の現金収支を把握する」という作業なのです。
このことは常に念頭においておくべきです。

資金繰りをうまく回すためのファクタリング

「資金がうまく回る」状態を作り出す具体的な手法としては以下が挙げられます。
・売掛金の回収サイトを短縮する。
・仕入れなどの支払サイトを延ばす。
・在庫を適切に管理する。

売掛金を可能な限り早期に現金化し、
支払いは可能な限り先送りし、
売上予測精度を高めて、過剰な在庫を減らすということです。

但し、これはあくまで理想形で実現可能性が低いと思われる方も多いと思います。
相手先があっての経営ですから、こちらの都合で支払い、回収サイトを変えることが
容易ではないことが想像できます。
ここでファクタリングを利用すれば早期に売掛を現金化できますので
スポットでの資金繰り難は回避されます。

実現可能性の高い対策法も参考までに記載します。
・現在使用している資産を見直し、さらに低価格で高品質なものに切り替える。
・活用していない資産がないかをチェックし、遊休資産は売却もしくは主要事業で活用する。
・事業の繁忙度合いなどに応じて人材配置が適正に行われているか確認する。

これらは月々の現金支出を下げる、もしくは効率化するための現実的な方法です。

抑えるところは抑えて、つなぎの資金調達はファクタリングでカバー

これが、売掛金買取センターのご提案する
黒字倒産を防ぐためのファクタリング活用法です。

無料相談窓口
0120−53−6611
までお気軽にお電話ください。




黒字倒産対策売掛金買取センターのファクタリング