黒川紀章建築都市設計事務所が負債12億で東京地裁に民事再生手続きを申し立てたとのことです。
黒川紀章氏は以前、東京都知事選で石原慎太郎氏と選挙戦を繰り広げられた方ですね。

建築不況による受注案件の減少が原因とのことですが、これだけの建築業界の名門設計事務所でも民事再生の手続きを取らざるを得なかったのは驚きです。
昨今、当センターでも建築業界の法人様からの問い合わせが多く、業界全体がそういった市況になっているようです。

事業体規模の大小にこだわらず、手持ちの事業資金は可能な限り多いに越したことはありません。
売掛金買取センターのファクタリングでは、売掛債権をお持ちの法人様でしたらどなたでも資金調達が可能です。
転ばぬ先の杖ということで、まだ事業が円滑に回っているうちからの備えとしてファクタリングは非常に有効です。

0120−53−6611

無料相談窓口をご利用ください。

黒川紀章建築都市設計事務所(東京都港区赤坂)が15日、東京地裁に民事再生手続きを申し立てました。同事務所によると、負債総額は12億円。日本の建築界の名門の経営破綻に、驚きが広がっています。

黒川事務所によると、「建築不況で受注案件が減り、財務状況が苦しくなった。設計料の回収ができない海外案件も発生し、資金繰りに行き詰まった。ご迷惑をおかけし申し訳ありません」としています。事業再生に向けて、建設大手の日本工営が支援する方針です。

現在の黒川事務所は、東京・上野の日本芸術院の「収蔵庫」など複数の案件を受注していますが、業務は継続するとしています。従業員は14人で、黒川紀章の長男・未来男氏が代表取締役を務めています。

同事務所は、世界的な建築家として知られた故・黒川紀章氏が設立しました。黒川氏は2007年10月12日に心不全のため73歳で死去していますが、数々の名建築を手がけました。東京・六本木の国立新美術館、カプセルを塔状に積み上げた中銀カプセルタワー(東京都中央区)、国立民族学博物館(大阪府吹田市)などで知られ、海外でもオランダのゴッホ美術館新館(98年)、クアラルンプール新国際空港(98年)などを手がけました。カザフスタンや中国で大規模な都市計画にも参画していました。

黒川氏は愛知県生まれで、京都大学建築学科を卒業後、東京大学大学院で故・丹下健三氏に学びました。大学院時代に、時代や用途に応じて建築を増殖させることを唱えた「メタボリズム(新陳代謝)・グループ」を結成、「共生の思想」に基づく作品を次々に発表していきました。98年に日本芸術院会員、06年に文化功労者。07年4月に都知事選に立候補しましたが、落選。7月の参院選でも立候補しましたが、落選しました。俳優の若尾文子さんは妻として黒川氏を支えました。

黒川紀章―Selected and current works (秀逸建築家シリーズ10選 (10))