おはようございます。

夜間工事

 

 

 

 

 

 

年末で、深夜になると工事があちこちで見られるように

なってきましたね、私も10代のころ現場に勤めていたことが

あり、その頃は急に他の現場の仕事がきたり、

している中で、人材がなかなか集められなかった記憶が

あります(笑)なぜこの師走のタイミングで、

工事だらけになるのか? もちろん予定通りの工事も

ありますが、そうではない理由もあるわけですよね。

そのお話はのちのちにさせて頂いて、ご紹介させて頂くのは

工事現場に人材を送り込んでいる仕事をしている社長様の

案件です。

土木ファクタリング事業資金

 

 

 

 

 

 

===================
埼玉県 某市 建設業
K社長様
月商:950万円
従業員5名 ※他外注30名
設立:5年目
金融機関:銀行系3社5000万円
※リスケジュールあり
税金:消費税150万円分割中
===================

K社長様は土木系の仕事をしており、道路・鉄道その他

請け元から仕事をもらって、職人さん達をまとめ上げ、

土木の仕事をウケております。

埼玉県

 

 

 

 

 

 

元々、順調に仕事をしていたのですが、

今年の夏前頃に、仕事中に職人さんの一人が

現場の穴を空けてしまい、更に現場から金品になりそうな物を

盗むといった信じられない事が起きてしまったそうです。

盗む

 

 

 

 

 

 

請け元と再三話し合い、盗まれた物は弁償し、現場の遅れを

取り戻すにあたり、色々と費用が加算でしまったとのこと、

その際に、銀行や身内に頭を下げて回り、何とか350万

を集めてきて納めて、とりあえずは落ち着いたそうです。

しかし、急な出費にあたり給料が遅れてしまったり、

税金が払えなくなり、金融機関にも事情を説明し、条件変更

までもして、工面した為にしわ寄せが来てしまったのです。

大変

 

 

 

 

 

 

幸い請け元とは話が落ち着いて、今後は気を付けてくれれば

いいからと言ってくれて、仕事は継続して頂けることに、

しかも、請け元側も今回の件でK社長様が悪い訳ではなく、

資金繰りが大変なのも知っているので、以前よりも仕事の

量を増やして頂いたそうです。

K社長様も頑張って今日まで来ましたが、税務署からの督促が

キツく、支払いを迫られているそうです。

税務署

 

 

 

 

 

なんとか、立て直しが出来てきた中での税金の追い打ちは、

キツく、経理と相談して弊社にご来社頂きました。

仕事自体は安定しており、入金ベースをみても夏前よりも

夏後の方が月商ベースでも、150万程上がってきてました。

今回K社長様からの必要金額は、税金分と運転資金で120万円

必要との事でした。 税務署から支払いが遅れるようだと、請け元

に差押えを掛けるまで言われてしまい、K社長様は大変困って

しまったそうです。 ここまで築いてきた請け元との関係を

崩されたくないワケです。

必要書類を揃えて頂き、弊社にて審査させて頂きました。

K社長様の必要としていた金額よりも高額買取のご提示が

出来ました。 お見積りにてK社長様にご説明し、

ご納得いただいたので、翌日契約し、弊社からK社長様の元へ

お振込みさせて頂きました。

K社長様からは自宅を担保にするワケでもなく、保証人を

付けなくても自らの希望金額よりも多くの金額を、資金調達

出来たことに驚かれておりました。

驚く

 

 

 

 

 

 

K社長様とは数ヶ月先までのスキームをご提示させて頂き、

弊社とお付き合いさせて頂けることにありました。

ファクタリングとは、各企業様が取引先様への仕事を完了し

請求済みのものがあれば、売掛金として成立し、その成立

した債権を弊社が取引先様に代わって立替払いをさせて頂く

サービスです。

弊社では売掛金発生していれば、迅速

安心して資金化致します。

入用あった際には、弊社までご相談ください。

年末はどこも大変ですね。

今年もあと少し! 気を抜かずに頑張って行きましょう~

 

売掛金買取センターの建設業報酬債権買取01