おはようございます。

 

いつもと違った例をご紹介いたします!

ちょっと文面が長くなってしまいましたが、

見て頂ければ幸いで御座います。

 

建築業 リフォーム及び内装業
宮城県 仙台市
A社長様
月商:3500万円
従業員:5名
決算:3期連続黒字
税金関係:全て完納
借入状況:BK4500万円 ※条件変更なし
売掛先様:7社

 

昨日、お問い合わせ頂きましたA社長様の実例!

 

A社長様の会社では、相談→設計→施工まで一連を全て請負っている

そうです。依頼者の方は個人・病院・飲食・アパート・マンション

などなど、依頼に合わせてご提案をしているそうです。

各支払サイトが施工完了引き渡し後、60日もあるのですが、

先月までは、順調に来ていて全く問題は無かったそうです。

 

しかし。。。

 

今回は、大型案件がいつもでしたら工期が重なる事が無かったので

すが、3つの案件が重なる事となってしまい、なんとか資金繰りを

調整しながら進めてきたのですが、今月16日に支払う予定だった

外注先2社で300万円と材料屋2社で500万円が支払いきれず

に残ってしまったそうです。双方にも状況を説明し、現状支払いを

待って頂いておりましたが、材料屋2社で500万円がどうしても

支払って欲しいとの催促が来てしまったのです。

今、A社長様は銀行に借入申請をしていました、銀行の融資担当

からは10月に入ってしまうとの事でしたが、外注先2社300万円

分は融資が下りてからで”いいですよ”と言って頂いて事なきを得

たのですが、支払いが残っている材料屋2社で500万円は”待った”

がきかず、急遽なんとかしなければならなくなってしまったそうです。

 

弊社へ来社頂き、書類を元に詳しく伺ったところ

 

大型案件の内、1社の売掛先様ならA社長様が話がし易いとの事で、

3社間の提示をさせて頂きました。

その後、売掛先様のご担当者の方とスケジュールを合わせ、私と

A社長様とでご挨拶及びご説明伺わせて頂きました。

売掛先様のご担当者の方も、話を聞いて下さりご理解は頂いたので

すが、売掛先様からすると「支払先で100社くらいある中で、

A社長様だけ特別扱いは難しいんですよね」と交渉を重ねたのです

が、3社間契約は断念させて頂きました。

 

その後、A社長様とお話させて頂き、2社間にて資金調達する

方法に切り替える運びとなりましたが、2社間ですと3社間と

比べると高額買取が難しくなってしまう説明をさせて頂いて、

A社長様に伺ったところ、A社長自ら150万円はご用意頂く

事が可能となったので、材料屋さんへの支払いが残350万円

となり、弊社にて2社にて買取対象とさせて頂き、無事に材料

屋さんへの支払いが完了することが出来ました。

 

A社長様も、ファクタリングでの資金調達の手法を知り、

「こんな簡単に資金繰りの改善が出来るなら、融資で振り回されず

に済んだよ」と笑っておられました(笑)

 

今回、A社長様と弊社とで2社間ファクタリング契約を締結させて

頂いたのですが、その後、なんと一度断念した3社間の

ファクタリングの相談に行った売掛先様から、A社長様と弊社に

ご連絡を頂き、もう一度話をしましょうとの事に。。。

売掛先様のご担当者曰く、「工事契約書の切り替えのタイミングで

あれば3社間のファクタリングに出来ます。」とお言葉を

頂きました。

私からA社長様にご連絡し、後日打ち合わせし年末までの

スケジュールを組立、3社間ファクタリングの相談に行きましょう

とお話させて頂きました。

 

今回の様に、売掛先様によっては3社間ファクタリングが可能と

なるケースが、実は意外と多いんです。

 

もし、ブログを見て頂いてそうなのかと思った社長様がいらっしゃ

れば一度、お気軽にご相談頂ければと思います。

 

昨今、Web上(インターネット)で弊社の2社間ファクタリングに近い

ことをしている業者もいらっしゃれば、自分たちが正規業者だと主張

されている業者も御座います。私個人からしますと、私たちの業種は

各企業様のお役に立てればと、陰的な存在であり社長様たちの

バックアップが出来れば、それだけでいいのです。他の同業を

貶し合って、自分の会社に申込みさせようとする事自体、

どうなのかな?と思ってしまいます。

 

弊社が、ファクタリングを始めた当初都内には2社しか

ファクタリング業者は有りませんでした。

その当時からお客様からの相談で多かった、売掛先に知られずに

なにか出来ないかとの悩みを、弊社にて考えに考え試行錯誤し、

2社間ファクタリングの形式がサービスとしてご提示出来る様

になったのが、約6年前!

当時、相談に来て頂いていた社長様達にも協力頂いて、皆で

作ってきたんです。

 

それを、物真似したり自分たちが正規のファクタリング業者

だと主張する業者がいて、提携などと言って2社間ファクタリングを

プレスリリースなどをしてますが、

WEBでの申し込みをしているのに、全く連絡を頂けない!

書類を持って面談行って、審査が通りますと言われてても、

全然話の進展がなくキャッシュフローが厳しい状況に

追い込まれてしまうなどの、相談がここの所弊社に

多数きております。 このような業者がが増えていることには、

非常にショックを受けてしまいます。。。

形だけ一生懸命整えたところで、事業資金としてファクタリング資金

が行き届かなければ本末転倒です。

どことまでは言いませんが、危険な2社間ファクタリングが

どうのこうの言っておりますが、申し込んだのに連絡が来ない、

引っ張るだけ引っ張り断る。資金調達を本当に希望されている

経営者の方にとってどっちが危険なファクタリング業者なんでしょうか?

ファクタリングの王道をいく? (。´-ω・)ン? 

格好ばかりつけた事言ってないでちゃんとファクタリングしてあげた

ほうがいいんゃじゃないですかねぇ?

 

各企業様及び社長様達はホントに様々な悩みを抱えております。

審査の基準が高すぎて、ちょっとしたことでも資金調達が困難

になってしまう状況が続いております。そのような状況で少しでも

お役に立てればと弊社は頑張って行きたいと思いますので、

宜しくお願い致します。

 

事業資金 ファクタリング
ファクタリング
事業資金