売掛金買取センターの診療報酬債権買取03

今年、診療報酬改定がいくつかの項目において行われました。
毎年規定が変わって行く診療報酬ですが、具体的に何が変わったのか
お伝えしたいと思います。

医療機関や薬局の経営の根幹を揺るがしかねない診療報酬の改定ですが
有事の際に備えて、診療報酬債権買取もぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

0120−53−6611

売掛金買取センターの無料相談窓口をご利用ください。

平成26年度(2014年度)の診療報酬改定で医療機関経営はどうなる?

その内容としましては、まず調剤基本料の見直しが行われたのですが、
具体的には調剤基本料の特例としまして月に処方箋の受付が2500回超かつ集中率が90%以上という項目が追加となりました。
この項目追加によりまして、受付回数が2500回を超えていて4000回未満の門前薬局の大半は算定が25点となってしまい、収入が減ってしまう事態が想定され、重大な経営ダメージを負うことになってしまいました。

この平成26年度診療報酬改定は大型総合病院における大規模門前薬局に
利益が集中してしまっていることへの批判を受けての措置とされております。

さらに基準調剤加算の算定基準も厳しく改定されており、
加算を得るためには24時間対応をすることがポイントとされております。
しかしながら24時間対応で薬局を開店するのは人件費の増大や人員の確保、
そしてセキュリティ強化を図るためのコストなどを考えると非常に難しいとされております。

それからジェネリック医薬品である後発医薬品を積極的に促進することを目標として、
後発医薬品調剤体制加算が変更となり、後発医薬品の比率が高いと点数が多くなりました。
これによりスペースや在庫増大を嫌って後発医薬品の備蓄に消極的だった薬局も対応せざるを得ないとされております。